『光の国』

二月ももうすぐ終わる頃、長い長い眠りの中から、リスの子は、目を覚ましてしまいました。

外はまだ真っ暗で、風はなく、ただしんと静まりかえっていました。


「…おなかすいた…」


木の葉にくるまれたふとんの中で、リスの子は、ふと、去年はおかあさんと一緒だったことを思い出しました。  

リスの子が長い眠りの中から目を覚ますと、おかあさんはいつも、お空の上にある、とても幸せな光の国のおはなしを聞かせてくれたのでした。  

リスの子は急にさみしくなり、木の葉をかきわけ、そっと小さな顔をのぞかせました。

高い木のてっぺんに空いた穴から、まあるい空とたくさんの星が見えました。


 「…お母さん…」  


リスの子のまっ黒い小さな瞳から、小さな小さな涙が、ポロリと一粒こぼれました。

その時、まあるい空から、大きなオレンジ色の流れ星が、音もなく、ツーッと流れました。

リスの子はびっくりして、窓から外を見ました。

おおきなオレンジ色の流れ星は、長い長い尾を引きながら、東の方に落ちてゆきました。

リスの子は、こんなに大きなオレンジ色の流れ星を見たことがありませんでした。

まっ黒い小さな瞳を大きくキラキラさせながら、リスの子は、まだ眠っていなければいけないことも忘れて、窓から外に飛び出しました。 

外はガラスのようなキンとした冷たい空気におおわれていて、真っ白に冷たく凍った雪の地面は、 駆けて行くリスの子の四つの小さな足を、真っ赤にしました。

リスの子は、今まで聴いたことも嗅いだこともない、音や匂いにドキドキしながら、流れ星が落ちた東の方に走ってゆきました。 

どのくらい走ったのでしょうか‥しばらくして、小高く開けた真っ白い原っぱの上に、流れ星はありました。 

 流れ星は、一つの大きなオレンジ色の星ではありませんでした。 

真っ白く雪でおおわれた原っぱ一面に、無数の星のかけらが、まるでこんぺい糖のように、ピンク色や、みず色や、オレンジ色に淡く光りながら、あちこちに転がっていました。 

リスの子は、ピンク色の星のかけらに近づいて、そっとそれを手に取りました。

あたたかい桃色の光が、リスの子の顔やおなかを、やさしく照らしました。

リスの子は、うれしくなって、鼻先を上に向けて、目を少し細めました。

そして、ピンク色の星のかけらを大事そうに胸に抱えると、みず色やオレンジ色の星も拾い始めました。

もうこれ以上抱えきれないほど星を抱えたとき、リスの子は、とてもいい事を思いつきました。  


「みんなにもお星さま分けてあげよう」 


リスの子は、一つづつ星を大切にほっぺの中に、しまいはじめました。


 「…これでよし」 


リスの子は、余った星を、そっと雪の上に返しました。 

そして、ぺこりと頭を下げると、もと来た道を、また、戻ってゆきました。

ピンク色や、みず色や、オレンジ色の星をしまったリスの子の両方のほっぺは、うっすらと虹色に光り、雪の道を夢のように照らしました。 

リスの子は、家に帰る一つ前の道を右に曲がると、まだ眠っている大きな大きなブナの木の前で、静かに立ち止まりました。 


 「ブナの木さん…」


 リスの子は、ほっぺの中からオレンジ色の星を取り出しました。 

そして、真っ白く雪で埋まったブナの木の根元に穴を掘り、星をそっと埋めました。  


「トチの木さんには、みず色の星…くぬぎの木さんには、黄色の星…」


 同じように、他の木々にも、一つ一つそっと根元のあたりに埋めました。 


 「これでおしまい」


 まだ、リスの子のほっぺが片方だけ、淡く桃色に光っていました。 


「…これは、おかあさんの…」


 リスの子は、小さな手で桃色のほっぺをおさえると、うれしそうに家に帰ってゆきました。 

帰ってゆくリスの子の後ろ姿が、前より少し、小さくなったように見えました。

リスの子は家に戻り、木の葉の中にもぐり込みました。

そして、大事そうに、ほっぺからピンク色の星を取り出すと、枕元に、そっと星を置きました。

星はリスの子の頭の上で、いつまでもあたたかく光っていました。


 「…おやすみ…」  


リスの子は、幸せそうにほほ笑みながら、あと残りわずかな眠りの中に、ゆっくりと入ってゆきました。


三月半ばごろ、いつもと少し違う朝がきました。

 あたり一面、真っ白に埋め尽くしていた雪も湯気を立てて消えはじめ、空から射す日の光は、冬の白い光から、暖かな春の金色の光に変わりました。 

木も、虫も、動物たちも、少しづつ長い長い眠りから覚めてゆきました。

リスの子が星を埋めたところから、次々とオレンジ色や、みず色や、黄色の花が咲き始めました。

ブナの木も、トチの木も、くぬぎの木も、目覚めたばかりの目をパチパチさせながら、足元に咲いている、 見たこともないような美しい花に、とてもおどろきました。


森中すべての命が目覚めた中に、リスの子の姿はありませんでした。

リスの子の家の中に、小さな桃色の花が、一輪、静かに咲いていました。

高い木のてっぺんに空いた穴は、金色の暖かな春の光の中に、まっすぐどこまでも、続いていました。



"The world of light"


Toward the end of February, a chipmunk child woke out of long sleep. 

The outdoors was still very dark, breathless and silent. 

"I’m hungry…" 

In the bed of leaves the chipmunk child recalled being with his mother the year before. 

When the chipmunk child woke up, Mother always told him a happy story of the world of light which lies in the sky. 

Suddenly the chipmunk child felt lonely, and he looked outside pushing aside the leaves. 

He saw the round sky and lots of stars from the hole of the top of tall tree. 

"Mom…" 

A tiny teardrop fell from his black eyes. 

At the moment, a big orange shooting star fell silently.

Being surprised, he looked outside. 

The big orange shooting star fell east leaving the long tail. 

 He had never seen such a big shooting star. 

Although he still had to sleep, he shot out of the tree irradiating his tiny black eyes. 

The cold air like glass covered outside. 

The white frozen ground made his feet red. 

He ran east where the shooting star fell off being excited about sound and smell he had never felt. 

He did not know how long he ran. 

After a while he found the shooting star on the white hilly field. 

It was not a single big orange shooting star. 

There were innumerable flakes of the stars on the field covered with snow. 

They spread from place to place shining pink, light blue, orange like sugarplums. 

The chipmunk child cautiously picked up the pink one.

Warm pink light gently lightened his face and stomach. 

He turned his nose up and squint his eyes gladly. 

He held the pink star flake with care and began to pick up other light blue and orange one. 

As he picked up more flakes than he could hold in his arms, he conceived a bright idea.

 "I want to share these with my friends." 

He put them into his cheek pouch one by one. 

"OK." 

He put the rest star flakes back to the snow. 

He made a bow and turned back.

His cheek pouch shined iridescent because of pink, light blue and orange star flakes, and it lightened the road like a dream. 

He turned right a block before the house and stopped in front of the beech tree. 

"Mr. Beech." 

He took an orange star out of his cheek pouch. 

He dug the root of the beech tree which was overwhelmed by white snow and buried it there. 

"The light blue star is for Mr. Horse chestnut, and the yellow one is for Mr. Oak…" 

He buried the other stars in the root of other trees as well. 

"I’ve done." 

His cheek pouch still shone pink.

 "This is for mom…" 

Pressing his hand to his pink cheek, he went home happily. 

His shape seemed to smaller than before.

 Coming home, he got into the leaves.

He took the pink star out of his cheek pouch and put it beside the pillow. 

The star shone warmly beside him. 

"Good night…"

He slowly got to winter sleep again smiling happily. 

 In the middle of March the unordinary morning came. 

The snows which covered everywhere began to melt with steam. 

The sunlight from the sky turned from winter white into warm spring gold. 

Trees, insects, and animals woke out of long sleep little by little. 

Orange, light blue and yellow flowers began to come out one after another from the ground where the chipmunk child buried the stars. 

Beech tree, horse chestnut and oak blinked being surprised at the beautiful flowers they had never seen. 

Although the whole forest got up, the chipmunk child was nowhere to be seen. 

A small pink flower bloomed in the house. 

The hole of tree continued straight to the sky in the warm gold spring light.

Usa official web site

【うさ公式ホームページ】 絵本作家・劇作家・演出家 「災害で消えた小さな命展」、「災害時ペット捜索・救助チームうーにゃん」、「劇団Sol.星の花」この3つの活動を通して、命の大切さ や思いやる気持ちを伝えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000