『二十四夜の月』

大きなまあるい月かられた光が、採れたての花粉のように、はらはらと樹氷に付き、やがて蛍のように、ほうほうと灯り始めました。  

いつもなら、雪粒の宝石をくわえて遊んでいる白烏達も、今夜ばかりは、おとなしく何処かで夜が明けるのを待っているようです。  

いつしか月は真ん中に昇り、月の灯りだか雪の灯りだかよく分からなくなってきた頃、 遠くの方から、たくさんの光るつぶつぶが、こっちに向かってやって来るのが見えました。

たくさんの光るつぶつぶは、雪の中を、きょろきょろ、きょろきょろと泳ぎ廻りました。

ひととおり周りの畑を泳ぎ終わると、たくさんの光るつぶつぶは、順番にポコポコと雪の中から顔を出しました。

現われたのは、何百という数のもぐらでした。  

もぐら達は、雪の中から顔を出すと、皆、月の方を見ました。 

長い間もぐら達は、きっとした目玉をうるうると光らせながら、黙って月を見つめていました。 

やがて、もぐら達の桃色の影が、長い長いに変わると、大きなまあるい月の方から、微かな歌声が聞こえてきました。 

その歌が少しづつ大きくなるのと同時に、大きなまあるい月の中から、 たくさんの兎達が、きっちりと二列に並んで、踊りながら、もぐら達の方にゆっくりと下りてきました。  

兎達は、次々雪の上に舞い下りると、跳ねるようにそれぞれのもぐら達に近づいて、手をとり、一緒に踊り始めました。 

兎と踊っているもぐらの周りを、たくさんのもぐら達が、ぐるりと大きく取り囲みました。  

もぐら達の、長い長い、一年で一番長い夜が始まりました。 

大きなまあるい月は、金色の鏡に変わり、踊る兎ともぐらを、空いっぱいに映し出しました。 

雪は、真っ白の冷たい炎に変わり、長い長い夜を見守りました。 

その名をもぐら達は、風の音を聴き、土の鼓動を感じながら、踊って、踊って、踊り続けました。

どのくらいの時間が通り過ぎたでしょう、やがて、群青色と薄紫の空の下に赤いひとつ星が輝き始めると、兎は踊るのを止めて、 一緒に踊っていたもぐらの手をとり、ゆっくりと月を見上げました。 

そして、ふわり、またふわりと、月に向かって歩き始めました。

二列に並び、月に向かう兎ともぐらを、残されたもぐら達は、ただ黙って、じっと見つめていました。 

上ってゆく兎ともぐらは、どんどん小さくなってゆきました。 

その時、一番最後の小さなもぐらが、くるりとこちらを振り返りました。 

もぐらの眼から、一粒涙がこぼれました。 

涙は、きらきら、きらきらと風に吹かれ、その日、二つ目の星になりました。  

いつしか、もぐら達の姿も消え、いつもの朝がやってきました。 

この季節になると、ひっそりとした山も、大地も、たった今できたばかりですというように、真っ白に、キラキラと、 おいしそうに湯気を立てています。 

午前一時二十四夜の月から聞いた話です。 



"The 24th Moon"


The light of a big full moon poured into the trees covered with snow and ice like pollen, and soon began to shine as fireflies. 

Swans usually played with jewels of snow, but that night they were quietly waiting for dawn.

When the moon came to the middle of the sky and the difference between moonlight and light of snow became unclear, lots of grains of light were seen coming up.

The grains of light moved around in the snow.

When they moved around the field sufficiently, they came out of snow. 

They were hundreds of moles. 

They turned on the moon.

They stared at the moon with moist eyes for a long time. 

Moles’ pink shadow turned to longer and pale violet. 

Then they heard someone’s faint singing voice. 

As the voice got louder and louder, many rabbits came down dancing in two rows from the moon. 

Coming down to the ground one after another, the rabbits bounded to the moles.

They held hands with them and started to dance. 

Lots of rest moles surrounded the moles dancing with the rabbits. 

The long night started. 

It was the longest night for moles in a year. 

The big full moon changed into the golden mirror and reflected them all over the sky. 

Snow changed into cold white flame and watch the long night. 

The moles kept dance hearing the sound of wind and feeling the beat of earth.

Time went on. In course of time the red star began to shine in the ultramarine and light purple sky. 

The rabbits stopped dancing, and looked up to the moon holding moles’ hands. 

They started to walk toward the moon. 

The rest moles watched the rabbits and moles heading toward the moon. 

Their figure became smaller and smaller. 

The small mole at the tail of the row looked back with a tear in its eye. 

A teardrop was blown by the wind and became the second star. 

The moles disappeared and the usual morning came.

 In that season, mountains and grounds was folded in white mist as if they were born at the very moment. 

This is the story that I heard from the 24th moon at 1:00 a.m.  

Usa official web site

【うさ公式ホームページ】 絵本作家・劇作家・演出家 「災害で消えた小さな命展」、「災害時ペット捜索・救助チームうーにゃん」、「劇団Sol.星の花」この3つの活動を通して、命の大切さ や思いやる気持ちを伝えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000