『自転車とオルゴール』

自転車は、今日も夢を見ていました。  

四月のやわらかな風にさらさらと吹かれながら、力いっぱい両手をのばして待ち構えている草の子たちの間を、自転車は、するする滑るようにして走ってゆきます。

空は、まるで海の底から見上げている時のようで, どうしてよいのかわからないくらい、高く高く続いています。  

自転車の上には、六歳くらいの男の子が乗っていました。

自転車は、この男の子が大好きでした。

男の子と一緒なら、どんなところへでも走ってゆける…

そう思いながら、どこまでも、どこまでも、駆けてゆくのでした。  


自転車は、ふと目を開けました。

空には星が輝いていました。

夢なのか現実なのかまだよく分からない中、鼠色の電信柱にもたれながら、自転車はすこしほほ笑み、また目を閉じました。  

少しして、何かがドンとぶつかりました。自転車が目を開けると、そこには大きな黒い袋が一つあり、その中からクリスマスの曲が流れ始めました。

自転車は不思議に思い、大きな黒い袋にそっと顔を近づけました。 


「‥いってぇ‥」  


突然中から声がしました。

自転車はびっくりして少しギシシッといいました。 


「前見て歩いてよ」 

「すみません‥」


 自転車は咄嗟に謝りましたが、謝りながら、僕じゃないのに…と思いました。


「聞き慣れねぇ声だなぁ‥君、誰?」


また中から声がしました。

自転車は、少しおどおどしながら小さな声で、 


「…自転車です」 


そう答えました。 


「ほう‥自転車さんかい‥自転車っていうと、風の中をビュビューンと行っちまう、あれだろ?ほほぅ‥」 


声は、黒い袋の中で暫らくの間、フムフムフムフム言っていました。

今度は自転車が訊ねました。 


「あなたは?」 

「俺かい?俺はオルゴールさ」


 大きな黒い袋が、プーっと少し膨らんだような気がしました。 


「オルゴールっていっても、ネジを回す…あれと勘違いしてもらっちゃあ困るぜ。

俺は、最新式オルゴールさ。俺の体に触れるだけで、クリスマスソングが流れるんだ。

さっき君も聴いたろ?あれさぁ」 


大きな黒い袋がよりいっそうプーっと膨らみました。 


「俺の体はみてぇでよ、その中を、俺のうたに合わせて真っ白い雪が、フワフワーっとゆっくり舞い上がるのさ。そいつがキラキラキラキラ綺麗でよぅ‥。

真っ白い雪が、いっぺんにみんなお星さまに変わっちまうさ。

そしてその下を、にゃあやわんこが楽しそうに走る…。君に見せてやれねぇのが残念よ‥。

クリスマスになると、もう注目の的。みんな俺に一目惚れよ…」  


オルゴールは延々と語り続けました。

自転車は、あまりの長さに、頭の中が、むらさき色とだいだい色でぼわぁんとしていました。

そしてその中で、男の子と初めて出逢った8年前のクリスマスの日のことを、思い出していました。


「…でも、そいつも遠い昔のことさ‥。今じゃみんな、見向きもしねぇや…」 


今まで楽しそうに話していたオルゴールの声が、急に寂しそうになり、大きな黒い袋は、小さくしゅんとみました。

自転車は慌ててオルゴールに聞きました。 


「そういえば、どうしてこんな所にいるのですか?」 

「‥どうやら引っ越しするみてぇでよ。荷物が片付くまでここで待ってんだ」 


小さく凋んだ黒い袋は、桃色のまあるい月に照らされて、ラメラメと光っていました。 


「君こそ何やってんの‥?」 


オルゴールは、自分ばかり沢山しゃべってしまったというように、急に自転車に聞き返しました。 


「‥僕はある人を探しているんです」


 自転車は、月を見上げました。 


「二年前にその人とはぐれて以来、ずっと探してるんです」 

「二年も…そいつぁー大変だぁ‥自転車なら、ビューンと走ってすぐに見つけられそうなものなのに」

「ええ。昔は走りました。いろいろな人達を乗せながら、あちこち探し廻りました。

しかし、見つける事が出来ないまま、僕は走れなくなりました。

今じゃ、タイヤもベルもありません。

‥でも、僕は待ちます。きっと、あの子が僕を見つけてくれる‥」 


しばらくの間、二人は黙ったままでした。

外灯の電球に、羽虫が一匹、カンとぶつかる音がしました。 


「あと二ヵ月でクリスマスだねぇ‥」  


突然、オルゴールが言いました。 


「自分の好きな星一つに、願い事をするといいよ。

きっとクリスマスに、サンタさんが叶えてくれるはずさ」 


オルゴールに言われ、自転車は空を見上げました。

その瞬間、オレンジ色の星が、線香花火のように落ちました。


「よぉし!俺ももう一度頑張ってみるかな」 


オルゴールは、大きな声で言いました。


「今年のクリスマスは、またうたを歌うよ。沢山歌って、みんなを驚かせてやるのさ。

 …そうだ!君も今年のクリスマスは、俺の家に来るといいよ。その人も連れてさ。

そうしたら、俺が二人の為に、とっておきのクリスマスソングを歌ってやるよ!」 


自転車は、とても嬉しくなりました。

なんだか今度こそ、本当に本当に、男の子に逢えるような気がしました。


「なんか、少し眠くなってきたな‥」 
「そうだね‥」 

いつの間にか、東の空は薄紫に変わり、桃色の大きな月は、西の空に小さく白くなっていました。

それからどのくらい経ってからでしょうか。
大きな車の止まる音がしました。
あまりの眠さに、夢から抜けた卵色のもやもやの中を、ぐるぐるとさまよっていました。 
突然、自転車は、自分の体がフワリと宙に浮かんだ気がしました。
突き刺さるような太陽の破片と、真っ青な空に高く浮かぶオルゴールの入った黒い袋が、自転車の瞳の中に飛び込んできました。
次の瞬間、れるような鈍い痛みが、自転車の体全体に走りました。
そのまま頭の中が、真っ暗になってゆきました。  

気が付くと、自転車は、いつもの草原を走っていました。
吸い込まれそうな程真っ青な空の下、四月の風にさらさらと押されながら、自転車は男の子と一緒に、どこまでも、どこまでも走ってゆくのでした。  


もうすぐ、螢蔓の花が咲きます。 



"The bike and the music box"


A bike dreamed as always. 

He passed through the grass, as the April wind blew softly. 

A boy, who was six years old, was riding a bike. 

The bike liked him very much. If the boy rode the bike, they could go wherever they wanted. 

The bike opened his eyes. 

The stars were shining in the sky. 

He could not tell whether he still dreamed or not. 

He smiled a bit and closed his eyes again, leaning on a telephone pole. 

After a while, something bumped against the bike. 

The bike opened his eyes, and found a big black bag, and then he heard Christmas carol from it. 

The bike wondered and got at it. 

"Ouch!" 

Suddenly, a voice came out of the bag. 

The bike was really surprised and squeaked. 

"Watch your step!" 

shouted the voice. 

"Sorry….." 

apologized the bike in an instant, but he thought it was not due to him. 

"I have never heard your voice. Who are you?"

 asked the voice in the bag. 

"I’m…..I’m a bike." 

answered the bike timidly. 

"Huh, bike…. Bike goes flying along, doesn’t it? Uh-huh." 

The voice said something for a while. 

"Who are you, then?" 

asked the bike, too.

 "Who am I? I am a music box." 

The bag looked to have bulged. 

"But I’m not an ordinary music box with an unfashionable screw. I am the newest one. 

All you have to do is touch me, then I play Christmas carol. 

You heard that a little while ago, didn’t you?"

 The big black bag bulged bigger and bigger.

 "My body is like a crystal ball. White snow flutters in my body along the melody….brilliantly! 

The white snow looks like the star, a dog and a cat run around in my body. 

It’s a pity you can’t see it. I’m always the center of attention at Christmas.

Everyone likes me!" 

The music box told endlessly. 

He spoke so long that the bike felt sodden, and he remembered the boy he met 8 years ago. 

 "……but it’s already the past. Everyone wouldn’t look at me anymore." 

The music box, which spoke cheerfully, suddenly looked weaker. 

The big black bag seemed to shrink.

 "Anyway, why are you here?" 

asked the bike the music box hastily. 

"My owner’s going to move house. I’m waiting here till he finishes an arrangement." 

The small shrank bag was lighted up by the pink full moon. 

"Why are you here, then?" 

asked the music box, too. 

"I’m looking for a certain person."

The bike looked up the moon. 

"I’ve been looking for the boy for two years….. since I lost sight of him…." 

"Two years….is so long time……but why didn’t you find him easily? 

You’re bike. You could go anywhere to seek him, couldn’t you?" 

"Yes. I went around to find him out before. Many people rode me, and I looked for him with them. 

But I couldn’t find him……and I can’t run any more.

 I lost my tires and bell….But I’m waiting for him. I’m sure he finds me." 

There was a short silence between them.

A bug hit against a street lamp.

 "It’s getting near to Christmas."

 said the music box suddenly. 

"Wish upon a star. Santa Claus will certainly grant your wish." 

The bike looked up the sky. 

At that moment an orange star fell like a sparkling firework. 

"Well, I’ll try my best again, too!" 

said the music box loudly.

 "I’ll sing a song again on this Christmas. Everyone will be moved by my voice

….Oh, you can visit me on Christmas…with him! 

I’ll play special Christmas carol for you!"

The bike was really happy. 

He had a hunch he might find the boy next time.

"I’m a little bit sleepy….."

 "Me, too…." 

The eastern sky changed into pale purple, and the pink full-moon became smaller without notice. 

After a while, they heard a big car stop. 

They looked dazed from sleepy. 

Suddenly, the bike felt his body was lifted up. 

He saw the sparkling sunshine and the music box was also lifted up then. 

After that he felt a dull pain and fainted. 

He woke to find himself in a grassland. 

He was running under the blue sky with the boy. 

The wind was blowing softly.  

Usa official web site

【うさ公式ホームページ】 絵本作家・劇作家・演出家 「災害で消えた小さな命展」、「災害時ペット捜索・救助チームうーにゃん」、「劇団Sol.星の花」この3つの活動を通して、命の大切さ や思いやる気持ちを伝えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000