『山を去った大男の話』

その日めずらしく雲の上のカンムリ山にも朝一番、玉虫色の風が吹きました。

昨夜の雨もすっかり上がり、木も花も石もまるで生まれたばかりのようにつやつやの露をつけ、赤や緑に光らせています。

 

こんな日がくると大男は、朝ごはんも昼ごはんも食べないで、手をはたはたさせながら空を見てぐるぐる回ったり、 地面に耳をくっつけてはぁはぁ笑ったり、ゴォーとやってくる風に目も鼻の穴も口もせいいっぱい大きく開けて、バァとやったりしました。 

そんなことを一日くり返し、大男は、やがて腹の虫がぐぅと鳴ると立ち止まり、ポケットに残っていたシラカンバの皮を口に入れ、 にゃんにゃんにゃんと噛みながら、羊雲と一緒に、カンムリ山のてっぺんに向かって歩いてゆきました。

  

いつしか煉瓦色の日は沈み、真っ黒い夜がやってきました。

しかし今夜は、青白い月の姿はどこにもありませんでした。 

それでも檜たちは、いつものように東の空に向かって、いっせいにきちっと敬礼をしていました。  

カンムリ山のてっぺんは、昔、まるで大きな隕石が突然落ちてきたかのようになっており、 真ん中の一番低い所には、とても美しい小さな沼ができていました。 

大男は、その沼の畔で、静かに星を見ていました。 

大男の隣には、銀色に光る小さな毛玉が一匹、カタカタと鳴る赤い実をおいしそうに食べながら座っていました。 

大男は、ここから見る空が好きでした。 

沼から見上げた空は、まるで、逆さに伏せた透明の黒いガラスボールのようで、やがてその空にぽつぽつ穴が開くように、 ひとつ、ふたつと星が現われると、沼はいっぺんに銀の星の海に変わりました。 

大男はこの星の海が、ゆらゆら滲む星の涙に変わらないよう、風が吹きませんように‥風が吹きませんように‥と、域を堪えてそっと祈るのでした。


その時、空にひとすじ、ほうずき色した箒星が流れました。

その星は、長い長い尾を引きながら、みるみるうちに、大男の方に近づいてきました。 

大男はびっくりして、その場に立ち上がりました。  

その瞬間、ほうずき色に光った星が、大男の真上で大きくパン!と弾けました。

同時に空は、一面、金緑色に染まり、そこから何百、何千という小さな星屑が、夢のようにパラパラパラパラと、音もなく沼に降りしきりました。 

それは、もう、本当の銀河でした。  

大男は目をくるくるとまわしながら、暫らくその光景を見つめていました。 

大男は手のひらを、そっと沼の水面においてみました。

大男の手から、金色に輝く波の輪がいくつもいくつも拡がりました。  

大男は嬉しくなり、体をふるふるさせながら、はぁはぁ笑いました。  

そして、大切に大切に沼に入ると、今まで聴いた事も出した事もないような声を出しながら、銀河の海をどこまでも泳ぎ続けました。 


どのくらいの時間が過ぎてからでしょうか。 

大男は、突然銀河の海にポコッと顔を出しました。 

ひんやりとした紫色の空気の中、大男は仰向けにぷかぷか浮かびながら、そのまま岸に向かって進みました。 

そして岸についた時、大男は、自分が二度と家には戻れない事に気がつきました。 

大男の足は、一本の大きな青い尾鰭に変わっていました。  

しんしん光る金色の中、青い尾鰭を虹色にゆらしながら、大男は、暫らくの間、周りの木々を見つめていました。 

突然横で、「ジャジャッ」という声がしました。 

大男が振り向くと、そこには、赤い実をカタカタ鳴らしながら食べていた、あの銀色に光る小さな毛玉が、じっと大男を見ていました。 

大男は、なんだか急に淋しくなりました。 

大男は、毛玉にぐるりと背をむけて、静かに泳ぎはじめました。  

そのとき、後ろで何かが淡く光ったような気がしました。  

大男は泳ぐのを止め、そっと後ろを振り返りました。 

するとそこには、小さなしっぽを桃色の尾鰭に変えた、銀色に光る小さな毛玉が、キリリとした顔つきで立っていました。 

大男は、思わず顔をくしゃくしゃにしました。  

銀色に光る小さな毛玉は、「ジャッ」と一声鳴いて、元気よく大男の胸に飛び込みました。 

大男は、毛玉をやさしく抱きしめました。 

そして周りの木々に背を向け、とぼんっと小さく音をたてて、金色に輝く銀河の中に静かに消えてゆきました。 


いつしか空から星が消え、沼には薄紅色の空が映りました。 

カンムリ山の木々たちも、白い息を吐きながら、今日も朝日が来るのを待っています。

 


"The giant left the mountain"


The iridescent wind unusually blew Mt. Crown, whose top reached clouds, in the early morning. 

The day before was rainy, but it already stopped. 

Trees, flowers and stones glistened with green or red dew as if they were born at that very moment. 

On such day the giant skipped breakfast and lunch. 

He turned round looking at the sky and dabbling his hands, laughed placing his ear against the ground, or opened his eyes, nostrils and mouth wide against the wind saying "Boo!" 

He repeated such things all day long. When his stomach rumbled, he stopped and threw the skin of white birch into his mouth. 

Chewing it, he walked toward the top of Mt. Crown with altocumulus. 

The brick-red sun went down and the inky night came without notice. 

But the pallid moon was nowhere to be seen. 

But even so the hinoki neatly gave the salute the east sky as always. 

The top of Mt. Crown sagged as if the huge meteor suddenly fell there in the past. 

There was a small beautiful pond in the lowest point. 

The giant silently looked at the stars beside the pond. 

A silver animal like pill sat next to him clattering and eating a red fruit. 

The giant liked to see the sky there. 

The sky looked from the pond was like a transparent black ball of glass. 

When the stars appeared in the sky, the pond became the sea of silver stars right away.

He hoped the wind did not blow because he did not want the sea of stars to change into tears of stars. 

Then, the comet like Chinese lantern fell down in the sky. 

The comet came up to him leaving long tail in a moment. 

Surprised, he stood up. 

At the moment, the comet popped just above him. 

At the same time the sky was dyed in gold green, and a thousand small star dusts poured into the pond silently like dream. 

It was just real galaxy. 

He looked at the scene blinking for a minute. 

He gently touched the surface of the pond. Lots of gold ripples ruffled from his hands. 

The giant gladly shook with laughter. 

Then he went into the pond, and swam in the silver sea raising the voice he had never raised. 

He didn’t know how long he swam. 

He suddenly rose to the surface. 

He swam to shore face up in the cool purple air. 

When he reached the shore, he realized that he could never go home. 

His feet changed into a blue tail fin. In the gold air, he looked at trees around the pond swinging his blue fin, which shined iridescence. 

He heard the voice, "joo, joo." 

As he turned round, the silver pill stared at him. 

He felt lonely short. 

He turned his back on the pill and began to swim silently. 

Then he felt something twinkle lightly. 

He stopped and looked back. 

The silver pill firmly stood there. 

His tail changed into a pink fin. 

His face was unconsciously creased. 

The silver pill said “Joo!” and jumped into his chest. 

The giant embraced it tenderly. 

Then he looked back on trees and disappeared into the gold galaxy. 

The stars went away before long, and the light crimson sky was reflected in the pond. 

Trees in Mt. Crown were waiting for the morning sun giving out white breath.

Usa official web site

【うさ公式ホームページ】 絵本作家・劇作家・演出家 「災害で消えた小さな命展」、「災害時ペット捜索・救助チームうーにゃん」、「劇団Sol.星の花」この3つの活動を通して、命の大切さ や思いやる気持ちを伝えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000