京都 堀川御池ギャラリー『やさしい時間』開催中。

✴︎ 9月21日より、ブログが新しくなりました ✴︎

現在、堀川御池ギャラリーにて『やさしい時間』の中の 3つの展覧会を開催しています。 

開催期間:9月17日〜26日まで。



9月17日には、堀川音楽ホールにて、朗読劇を開催しました。

やさしいピアノの音色に乗せて、6つのお話を朗読しました。


朗読劇のキャストのみなさんです。朗読をした6名は、7月に一緒に舞台をやったメンバーです。

「Voice in the Wind」という舞台です。


今回、初めて舞台でご一緒させていただいたお二人です。

左から、白川亜樹さん。白川さんは元宝ジェンヌです。今回は最後に歌った「命のうた」で参加していただきました。(「命のうた」は私が作詞・作曲をした、Voice in the Wind の歌です。)

お隣は、山本理紗さん。素敵なピアノを奏でていただきました。


今回は、京都市教育員会が共催してくださいました。そして、京都府・京都市・京都新聞社が後援としてついてくださいました。

写真は、京都市長の門川大作市長(真ん中)と教育委員会の方々と、いつもご協力くださっているみなさんです。


こちらは、現在、3つの展覧会を開催中の堀川御池ギャラリーです。とても綺麗なギャラリーです。


ギャラリーA「うさの絵本の世界」

私がこれまでに描いた絵本と原画や1枚絵、立体作品などが展示されています。


プロフィールの前にある立体作品は、「Peace」というタイトルの立体作品です。

ずいぶん前に作った作品ですが、こうしてまた、表に出してあげることができて嬉しいです。


この作品は、朗読劇のために作った作品です。和紙と紙粘土で作った月面とうさぎです。


ここでは、私の活動を紹介する動画を流しています。


2階廊下「うさの絵本の世界」の続き


ギャラリーB 絵本「ぼくは海になった」原画展

絵本「ぼくは海になった」は、2014年にくもん出版から出した絵本です。

東日本大震災で犠牲になったミニチュアダックスフントのチョビと家族のお話です。



ギャラリーC 「災害で消えた小さな命展」

約300点の中から、50枚を複製しました。

東日本大震災で犠牲になった動物たちを描いた展覧会です。


読み聞かせの時間

〝第四錦林小学校おはなしわくわく”のみなさんが、私の絵本を読んでくださいます。

平日:16:00〜15:00

日・祝:11:00〜12:00 / 15:00〜16:00

私は毎日、在廊しています。

私が今まで出会ってきた命たちを描いた絵の展覧会です。

「やさしい時間」どうか、多くの方に観にきて欲しいです。

✴︎過去のブログはこちら  →  http://tanakausa.blogspot.com/

0コメント

  • 1000 / 1000