『桜の花の散る頃』

少女は今日も病院のベンチに座っていました。
ベンチの横には、大きな桜の木が一本立っていました。
桜の木は、今年もいい香りをさせながら満開に花を咲かせています。 
しかし少女には、桃色の花びらも、桜の花のいい香りも、今は何も感じられませんでした。
少女の頭の中は、昨日から入院したお母さんのことでいっぱいでした。 
(お母さんは元気になるんだろうか。元気になって家に帰ってきてくれるのだろうか。
またおいしいシチューを作ってくれるだろうか。 本当にまた、私を抱きしめてくれるだろうか‥)
そんな思いが少女の小さな心を痛めながら、ぐるぐる、ぐるぐると回るのでした。 


「遅いね」


 突然、声がしました。
振り向くと少女の隣りに、一人の少年が座っていました。
少年は、驚くほど色が白く、瞳の奥は、何もかも消してしまいそうなほど深い緑色をしており、薄茶色の髪は、春の風にさらさらとゆれていました。

 
「お父さんを待っているんでしょ」


もう一度少年は言いました。 


「‥どうして知っているの?」 

「昨日もそうだったから」 


 少年は少し微笑みました。 


「あの窓から君が見えた」


少女は、少年の見ている方を見ました。
そこには、カーテンがきっちりと閉められ、固く閉ざされた窓がありました。

  
「僕、入院してるんだ」 


少年はすずしげに言いました。 


「お父さん、来たよ」


 少年に言われ振り向くと、少し遠くに、手を振って立っているお父さんの姿が見えました。
少女はベンチから飛び降りて、お父さんの方に駆けてゆきました。
少女はお父さんと手をつなぎ歩きながら、窺うように、そっと後を見ました。
少年は、ベンチにポツンと座り微笑みながら、いつまでも少女を見ていました。  
次の日、少女が一人ベンチに座ってお父さんを待っていると、昨日の少年がまた少女の側にやってきました。 
少女は何を話していいのか分からず、しばらくの間、下を向いていましたが、思い切って少年に話しかけてみました。 


「‥いつから入院しているの?」 
「2年くらい前からかな」

 
 少女は少し驚きました。

 
「‥どこが悪いの?」 
「ここがちょっとね」

 
 少年は、左の胸に手を当てました。 


「ここが僕の体と、すぐにうまくつながらなくなるんだ」


 少年は、やさしく微笑みました。
少女は何を言っていいのか分からなくなり、また下を向いてしまいました。


「‥でも、もうすぐここから出られるんだ」

 
 少女は少年の顔を見ました。

 
「この桜の花が散りはじめるころ‥」

  
少年の瞳の奥がより深い緑色になり、春色の風が少年の髪をやさしく通りぬけてゆきました。
次の日も、その次の日も、少年は少女のところにやってきました。
少女は、少しずつお母さんのことを話し始めました。 
少年は、いつでも少女の話を、静かに聞いていました。  
6日目の夕方、いつものように少女がベンチに来てみると、少女より先に少年が一人ベンチに座っていました。

 
「やぁ」
「‥こんにちわ」


 少し不思議に思いながら、少女は少年の隣りに座りました。 


「今日は君に話したいことがあるんだ」


 少年は、いつもより少し橙色の顔をしていました。 


「瞼の向こうに宙があるのを知ってる?」 


 少女はきょとんとして少年を見ました。

 
「目を閉じると、そこには僕の宙があるんだ」


 少女はしばらくの間少年を見ていましたが、少年の真似をして、そっと目を閉じてみました。しかし、真っ暗で、少女には何も見えませんでした。

 
「僕はいつか、そこに行ける気がするんだ」


 おかしな事を言うな‥と少女は思いました。 
 突然少年は、目をキラキラさせながら言いました。


「もしかしたら、君にも僕の宙を見せてあげられるかもしれない!」


少年は、ぐるりと向きを変え、少女をじっと見つめました。
そして、少女の姿をしっかり瞳に映し込み、目を閉じました。
その瞬間、少女の目の前に、今まで見たこともないような景色が広がりました。  
吸い込まれそうなほど真っ暗な群青色の中に、光のないの円いかたまりが、いくつも、いくつも、浮かんでいました。 
少女の横には、少年が、嬉しそうに笑って立っていました。


「‥よかった」  


少年は一言そういうと、そっと、少女の手をとりました。
少女は、ドキドキしながら手をつなぎ、少年の後を、静かについてゆきました。 

 
「‥宇宙を散歩しているみたい‥」 


少女は小さく呟きました。  
二人は何も言わず、吸い込まれそうなほど真っ暗な群青色の中を、どこまでも、どこまでも、歩いてゆきました。 
しばらくして、突然少年が立ち止まりました。 


「あの赤く光っているものは何だろう」 


少女は、少年の見ている方をみました。
しかし少女には、少年の言う、赤く光っているものが何処にあるのか分かりませんでした。


「…君のお母さんは大丈夫だよ」 
「‥えっ?」 


少女は少年を見ました。 


「あそこまで行こう!」


少年は、少女の手を強くひっぱりました。
その瞬間、少年の手が少女の手から、プツリと離れました。
少女は、いつものベンチに座っていました。
さっきまで一緒にいた少年は、何処にも見当りませんでした。
少女はまるで魔法から解けたように立ち上がると、固く閉ざされたあの窓を見上げました。
窓は、カーテンがきっちりと閉められたままでした。 
その時、遠くで、お父さんの呼ぶ声がしました。
少女は、お父さんをみて、びっくりしました。
お父さんの横には、ニコニコ笑いながら少女に向かって手を振っている、お母さんの姿がありました。 


「お母さん!」


少女は、お母さんの方に駆けてゆきました。 
桜の花びらが、一枚、ひらりと落ちました。  

0コメント

  • 1000 / 1000