『自転車とオルゴール』

自転車は、今日も夢を見ていました。  

四月のやわらかな風にさらさらと吹かれながら、力いっぱい両手をのばして待ち構えている草の子たちの間を、自転車は、するする滑るようにして走ってゆきます。

空は、まるで海の底から見上げている時のようで, どうしてよいのかわからないくらい、高く高く続いています。  

自転車の上には、六歳くらいの男の子が乗っていました。

自転車は、この男の子が大好きでした。

男の子と一緒なら、どんなところへでも走ってゆける…

そう思いながら、どこまでも、どこまでも、駆けてゆくのでした。  


自転車は、ふと目を開けました。

空には星が輝いていました。

夢なのか現実なのかまだよく分からない中、鼠色の電信柱にもたれながら、自転車はすこしほほ笑み、また目を閉じました。  

少しして、何かがドンとぶつかりました。自転車が目を開けると、そこには大きな黒い袋が一つあり、その中からクリスマスの曲が流れ始めました。

自転車は不思議に思い、大きな黒い袋にそっと顔を近づけました。 


「‥いってぇ‥」  


突然中から声がしました。

自転車はびっくりして少しギシシッといいました。 


「前見て歩いてよ」 

「すみません‥」


 自転車は咄嗟に謝りましたが、謝りながら、僕じゃないのに…と思いました。


「聞き慣れねぇ声だなぁ‥君、誰?」


また中から声がしました。

自転車は、少しおどおどしながら小さな声で、 


「…自転車です」 


そう答えました。 


「ほう‥自転車さんかい‥自転車っていうと、風の中をビュビューンと行っちまう、あれだろ?ほほぅ‥」 


声は、黒い袋の中で暫らくの間、フムフムフムフム言っていました。

今度は自転車が訊ねました。 


「あなたは?」 

「俺かい?俺はオルゴールさ」


 大きな黒い袋が、プーっと少し膨らんだような気がしました。 


「オルゴールっていっても、ネジを回す…あれと勘違いしてもらっちゃあ困るぜ。

俺は、最新式オルゴールさ。俺の体に触れるだけで、クリスマスソングが流れるんだ。

さっき君も聴いたろ?あれさぁ」 


大きな黒い袋がよりいっそうプーっと膨らみました。 


「俺の体はみてぇでよ、その中を、俺のうたに合わせて真っ白い雪が、フワフワーっとゆっくり舞い上がるのさ。そいつがキラキラキラキラ綺麗でよぅ‥。

真っ白い雪が、いっぺんにみんなお星さまに変わっちまうさ。

そしてその下を、にゃあやわんこが楽しそうに走る…。君に見せてやれねぇのが残念よ‥。

クリスマスになると、もう注目の的。みんな俺に一目惚れよ…」  


オルゴールは延々と語り続けました。

自転車は、あまりの長さに、頭の中が、むらさき色とだいだい色でぼわぁんとしていました。

そしてその中で、男の子と初めて出逢った8年前のクリスマスの日のことを、思い出していました。


「…でも、そいつも遠い昔のことさ‥。今じゃみんな、見向きもしねぇや…」 


今まで楽しそうに話していたオルゴールの声が、急に寂しそうになり、大きな黒い袋は、小さくしゅんとみました。

自転車は慌ててオルゴールに聞きました。 


「そういえば、どうしてこんな所にいるのですか?」 

「‥どうやら引っ越しするみてぇでよ。荷物が片付くまでここで待ってんだ」 


小さく凋んだ黒い袋は、桃色のまあるい月に照らされて、ラメラメと光っていました。 


「君こそ何やってんの‥?」 


オルゴールは、自分ばかり沢山しゃべってしまったというように、急に自転車に聞き返しました。 


「‥僕はある人を探しているんです」


 自転車は、月を見上げました。 


「二年前にその人とはぐれて以来、ずっと探してるんです」 

「二年も…そいつぁー大変だぁ‥自転車なら、ビューンと走ってすぐに見つけられそうなものなのに」

「ええ。昔は走りました。いろいろな人達を乗せながら、あちこち探し廻りました。

しかし、見つける事が出来ないまま、僕は走れなくなりました。

今じゃ、タイヤもベルもありません。

‥でも、僕は待ちます。きっと、あの子が僕を見つけてくれる‥」 


しばらくの間、二人は黙ったままでした。

外灯の電球に、羽虫が一匹、カンとぶつかる音がしました。 


「あと二ヵ月でクリスマスだねぇ‥」  


突然、オルゴールが言いました。 


「自分の好きな星一つに、願い事をするといいよ。

きっとクリスマスに、サンタさんが叶えてくれるはずさ」 


オルゴールに言われ、自転車は空を見上げました。

その瞬間、オレンジ色の星が、線香花火のように落ちました。


「よぉし!俺ももう一度頑張ってみるかな」 


オルゴールは、大きな声で言いました。


「今年のクリスマスは、またうたを歌うよ。沢山歌って、みんなを驚かせてやるのさ。

 …そうだ!君も今年のクリスマスは、俺の家に来るといいよ。その人も連れてさ。

そうしたら、俺が二人の為に、とっておきのクリスマスソングを歌ってやるよ!」 


自転車は、とても嬉しくなりました。

なんだか今度こそ、本当に本当に、男の子に逢えるような気がしました。


「なんか、少し眠くなってきたな‥」 
「そうだね‥」 

いつの間にか、東の空は薄紫に変わり、桃色の大きな月は、西の空に小さく白くなっていました。

それからどのくらい経ってからでしょうか。
大きな車の止まる音がしました。
あまりの眠さに、夢から抜けた卵色のもやもやの中を、ぐるぐるとさまよっていました。 
突然、自転車は、自分の体がフワリと宙に浮かんだ気がしました。
突き刺さるような太陽の破片と、真っ青な空に高く浮かぶオルゴールの入った黒い袋が、自転車の瞳の中に飛び込んできました。
次の瞬間、れるような鈍い痛みが、自転車の体全体に走りました。
そのまま頭の中が、真っ暗になってゆきました。  

気が付くと、自転車は、いつもの草原を走っていました。
吸い込まれそうな程真っ青な空の下、四月の風にさらさらと押されながら、自転車は男の子と一緒に、どこまでも、どこまでも走ってゆくのでした。  


もうすぐ、螢蔓の花が咲きます。 

0コメント

  • 1000 / 1000